宅地建物取引業

宅地建物取引業(=宅建業)とは

 不特定多数者を相手方として

 次に掲げる@Aの行為を反復又は継続して行い

 社会通念上事業の遂行とみることができる

 程度の業行為をいいます。
 
  @宅地又は建物の売買又は交換をする行為

  A宅地又は建物の売買 交換又は貸借の代理又は媒介をする行為

 

免許の種類

 @知事免許

 A国土交通大臣免許

  (=二以上の都道府県の区域にわたり宅建業を営むための事務所を設置する場合)

 

 

免許の条件

 @役員・取引士等が欠格要件に該当しないこと

 A独立した事務所を有すること

 B専任の宅地建物取引士を置くこと



 

免許通知後の手続き

 @専任の宅地建物取引士の勤務先登録

 A営業保証金の供託又は保証協会への加入

  T供託の場合…主たる事務所で1000万円

         従たる事務所1店舗につき500万円

  U保証協会への加入の場合…主たる事務所60万円

               従たる事務所1店舗につき30万円

               *別途入会金等が必要